印鑑 送料無料

印鑑証明の申請

印鑑証明の交付申請書




印鑑証明の交付申請書について紹介したいと思います。印鑑証明の交付申請書というのは、印鑑証明を発行してもらいたいときに、印鑑登録証や印鑑登録カードと一緒に区役所や支所、出張所に提出するのが一般的ですがその際に一緒に印鑑証明の交付申請書というものも提出しなければ印鑑証明を発行してもらうことができません。印鑑証明の交付申請書は、印鑑証明をもらいにいった区役所や支所、出張所においてありますからその場で書くのもいいのですが、最近ではもっと便利な方法があります。


最近ではインターネットが普及していますからインターネットで印鑑証明の交付申請書をダウンロードすることができる市町村も増えてきましたから自分が対象となる市町村が印鑑証明の交付申請書をダウンロードできるのか一度ホームページで確認してみるといいかもしれませんね。もしもダウンロードできるのでしたらそのままプリントアウトして持っていけばあとは提出するだけですから簡単です。

印鑑証明の色々

印鑑証明の原本




印鑑証明を取りに行ってどこかに提出する場合には、印鑑証明の原本を提出する場合と複製でもいい場合があるようです。提出先によっては印鑑証明の原本なのか、複製なのかということや、印鑑証明の有効期限も提示してくるところもあります。例えば発行してから3ヶ月以内の印鑑証明の原本に限ると指定してくるところもあります。


印鑑証明の原本を添付して提出すればいいのか、印鑑証明の複製でもいいのかということは、提出先が指定してくることになりますから、それはそれぞれ違っているようです。ですから印鑑証明の原本を使うのか複製でもいいのかということはあらかじめ提出先に確認してみるか、提出先の詳細に書かれていると思いますからそちらを参考にして印鑑証明を用意するといいですね。大体の場合には、印鑑証明の原本を添付して提出するのが一般的ではありますが、中には印鑑証明の複製でもいいという場合もあるようですから本当にこれは提出先によって違っているのでなんとも言えませんね。

印鑑証明の色々

印鑑証明の料金





印鑑証明の料金は印鑑証明を取りに行ったときに手数料として区役所や支所、出張所で支払いますが、印鑑証明の料金は区役所によっても金額は違います。同じ管轄、エリアの区役所の場合には、印鑑証明の料金は同じかもしれませんが、印鑑証明の料金は別の市や別の都道府県になった場合には、料金がそれぞれ違っているようです。


一番一般的な金額は、印鑑証明の料金は300円か350円というのが多いようなのですが、安いところでは印鑑証明の料金が200円のところもありますし、450円という値段のところもあります。また法人の印鑑証明の料金は法務局で500円と決まっているようで個人の印鑑証明の値段よりも高めに設定されているようですね。印鑑証明の料金はこのように場所によっても違っていますし、個人と法人によっても違っているようですね。印鑑証明の料金は取るときにも必要ですが、印鑑登録をする場合にも、必要になります。こちらも場所にって値段が違っているようです。

印鑑証明の色々

印鑑証明の郵送





区役所などの印鑑証明でよくある質問に、印鑑証明は郵送で取ることができるかということを質問してくる人がいるようですが、印鑑証明は郵送では請求したり取寄せてもらうということは出来ません。区役所や支所、出張所に直接印鑑登録カードを持参して印鑑証明を取りに行くということになりますから、郵送で請求したり、印鑑証明を郵送で送ってもらうというのは無理なようです。


確かに、郵送で印鑑証明が請求できれば便利ですが、印鑑証明を発行するためには、必ず印鑑登録証や印鑑登録カードが必要になってきますから、印鑑証明を郵送で請求したり郵送で送ってもらうということは無理なようですね。住民票や戸籍謄本などの場合には、区役所に必要な物を送れば、郵送でも請求することができますが、やはりそれだけ印鑑証明は悪用されては大変危険ですし、色々なことを考えても、印鑑証明を郵送で送るというのは無理のようですね。印鑑証明を仮に郵送で送った場合にどこかで誰か別の人に手に渡ってしまったら悪用されかねませんから印鑑証明は自分で取りに行かなければいけないのです。

印鑑証明の色々

印鑑証明の有効期限




印鑑証明には有効期限はあるのでしょうか?印鑑証明をもらってきても有効期限は特に記載されていないと思いますし、区役所や支所、出張所でも特に印鑑証明の有効期限については聞いたことがないと思います。印鑑証明の有効期限についてですが、実は印鑑証明の有効期限というのは、提出する先が決めるんだそうですね。たとえば、印鑑証明ではないのですがパスポートを作るときなどには、住民票が必要になってくるのですが、この時の住民票は発行日から半年以内と決められています。これはもしかすると都道府県によっては発行日から3ヶ月以内というところもアルかもしれませんから、場所によって異なるかもしれません。このように有効期限というのは、発行したところが期限を決めるのではなくて、提出先が決めるということになるようですね。


印鑑証明も発行してから3ヶ月以内のもの、半年以内のものといったように、有効期限があるのは、提出する先だと思います。提出する先が指定することによって初めて印鑑証明に有効期限がつくんですね。

印鑑証明

印鑑証明の新宿区

印鑑証明の新宿区について紹介したいと思います。印鑑証明を取得する場合に、もしも新宿区内で引越しをした場合には、印鑑証明のための印鑑登録の住所変更は必要かどうかといえば、新宿区内の引越しであれば印鑑登録の住所も自動で変更されますから、そのまま以前つくった印鑑登録証は使えて印鑑証明を取ることができます。逆に新宿区以外に転出する場合には、印鑑登録は抹消されますから、印鑑証明を取るときに使っていた登録証は返還しなくてはけませんし、新しい場所で印鑑登録をしなければ印鑑証明を取ることができません。


印鑑証明のための印鑑登録を新宿区でなくしたり盗まれたときには印鑑登録証亡失届けを出す必要があります。また、印鑑証明のための印鑑登録を新宿区では廃止するときには、印鑑登録証と一緒に印鑑登録の廃止申請をする必要があります。本人が出来ない場合は印鑑証明のための印鑑登録を代理人が新宿区で行うことも出来ますが、その場合には委任状が必要になってきます。

印鑑証明の色々

印鑑証明証

印鑑証明証について紹介したいと思います。印鑑証明証というのは、金銭を借り入れたりする場合や不動産を登記する場合など、私達が生活をする上ではとても重要な手続きに使う、印鑑を公に証明するものを印鑑証明といっています。印鑑証明は印鑑登録の手続きを先に行って印鑑登録の手続きができた人に印鑑登録証や印鑑登録カードを渡して、印鑑登録証や印鑑登録カードに飲み、印鑑証明証をはっこうしています。


印鑑登録証や印鑑登録カードは印鑑証明のための印鑑登録を行った人だけに渡されるカードや証明証です。印鑑証明証を交付してほしい場合には、印鑑登録証や印鑑カードを持って、区役所や証明証などを発行してくれる場所に行って、印鑑証明証を発行してもらうことになるのですが印鑑登録カードや印鑑登録証がない場合には、いかなる場合でも印鑑証明証は発行してもらうことができません。ですからカードをなくしてしまった場合には、カードを再発行する必要があります。

都道府県別印鑑証明

印鑑証明証の名古屋市





印鑑証明の名古屋市について紹介したいと思います。印鑑証明を名古屋市で取る場合にもあらかじめ名古屋市で印鑑登録を行ってからでなければ印鑑証明を取ることはできません。印鑑証明を取る場合にはまずは名古屋市で印鑑登録をしましょう。そして名古屋市で印鑑登録をしたら、印鑑手帳というのがもらえます。これは他の地域で一般的に印鑑登録証といわれているものだと思います。この印鑑手帳が発行してもらえれば印鑑証明を名古屋市でとることが可能になります。


もしも印鑑証明を名古屋市で取るために印鑑手帳をなくしてしまった場合には、すぐに区役所などに届け出る必要があります。印鑑手帳を再発行してもらわなければ印鑑証明を名古屋市で取ることができません。印鑑証明を名古屋市で取るためには、印鑑手帳を持っていけば取ることが可能になります。印鑑証明を名古屋市でとる場合には郵送では印鑑証明は取ることができませんから、かならず窓口へいく必要があります。

印鑑証明の申請

印鑑証明証の本人確認




印鑑証明というのは、不動産の売買や登記、お金に関わる契約など、大切な場面で使われるものですが、印鑑証明は本人の実印であるということを公に証明しているものです。その印鑑証明を作る場合にももちろん本人確認は必要になります。印鑑証明を取るときは本人確認はありませんし、代理人が印鑑証明をとりにいっても、委任状や本印確認は必要がないのですが印鑑登録を行うときには、かならず本人である場合も身分証明証などを使って本人確認をします。


印鑑登録を行う場合には代理人が登録をしにいく場合には、委任状が必要ですし、代理人の本人確認も行われます。印鑑証明はとても大切なものですから、印鑑登録の時には、本人確認はとても慎重に行われます。印鑑証明を取りに行く場合は本人であっても、代理人であっても、本人確認はないとのことですし、実印も必要ありませんし印鑑登録証があれば印鑑証明を取ることができますから本人確認のための身分証明書などの提出や持参はありません。

印鑑証明の法人

印鑑証明証と法務局





印鑑証明と法務局について紹介したいと思います。印鑑証明は一般的には各都道府県や市町村の区役所や市役所、支所や出張所、証明書発行サービスコーナーなどへ行けば印鑑証明を発行してもらえますが、法務局でも印鑑証明は発行してもらえるんでしょうか。印鑑証明を法務局で発行してもらうのは個人ではなくて、法人です。印鑑証明をあげたい人が法人だった場合には一般の人が行く区役所や支所、出張所などでは法人の印鑑証明を発行してもらうことができません。


法人の人は印鑑証明は法務局へ行くことになっています。印鑑証明をとるのも法務局で法人の人は行うのですがそれだけでなく印鑑証明に必要な印鑑登録も法人の人は法務局へ行って行います。法人の印鑑証明を法務局へ取りに行った場合の手数料にかかる費用は、500円になっています。印鑑証明を法務局で取ることができるのは法人だけが対象になっていますから、一般の個人が印鑑証明を法務局へ行っても取ることはできません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。